忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 魔女/悪魔 クチラン

政治そのほか速

知事「責任とってもらう」県庁耐震に問題のゴム

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

知事「責任とってもらう」県庁耐震に問題のゴム

 知事「責任とってもらう」県庁耐震に問題のゴム

 東洋ゴム工業(大阪市西区)の子会社が、建築物に使う免震ゴムのデータを改ざんした問題で、愛媛県庁第1別館(松山市)の耐震化工事に同社の免震装置が使われていることについて、中村知事は14日、「何らかの対処が必要なら、(東洋ゴムに)責任をとってもらう」と述べ、改修などの対応を求める可能性を示した。

  県によると、第1別館は2001年に耐震強度の不足が判明。12年10月から約20億円をかけて耐震化工事を行った。地下の柱の一部を切断し、免震装置を設置する工法で、震度6強の地震に耐えられる強度を目指したという。

  13日に、県が施工した建設会社などに確認して、問題の免震ゴムを使用していることがわかった。14日午前の時点で、東洋ゴムから直接の報告や説明はなかったという。

  中村知事は読売新聞の取材に「ようやく作り上げた別館の耐震化工事なのに、残念でならない」と答えた。

  東洋ゴムによると、県内では他に1棟で問題の製品が使われているという。同社広報企画部は「該当する建物の施工業者や設計者、施主に順次、連絡をとっている。こちらの判断で、どの建物に使用されているかを公表することはできない」としている。

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R