忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 魔女/悪魔 クチラン

政治そのほか速

将来のレアル指揮官候補のジダン氏、引退当時は「監督になるとは思いもしなかった」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

将来のレアル指揮官候補のジダン氏、引退当時は「監督になるとは思いもしなかった」

fx

 サッカー界のレジェンドであるジネディーヌ・ジダンは、Rマドリードの将来の監督候補と言われる。だが、現役を引退した当時、本人に指導者になる考えはまったくなかったという。

 元フランス代表のジダンは、昨季はカルロ・アンチェロッティの下でRマドリードのアシスタントコーチを務め、今季からはBリームで「ジダン監督」となっている。

 その前には、Rマドリードでスポーツディレクターを務めていたが、ジョゼ・モウリーニョ監督在籍時に辞任した。自身には合わない仕事だと考えたらしい。

 その42歳になるレジェンドが、今では将来トップチームを率いることを期待されるまでになっている。だが、本人はフランス『レキップ』に意外な告白をしている。

 「監督になることに執着する人もいるけれど、(引退した)アフリカ王者のタイトルを喜ぶY・トゥーレ「アンビリーバブル」 2006年当時、監督になりたいとは本当に思っていなかった」

 では、どんな変化があったのだろうか。

 「現役生活を終えた後、Rマドリードでのスポーツディレクターなど、いくつか違う経験をしてみようとした。でも、自分が本当に何をしたいのか、まだ見つけ出すことができていなかった」

 「でも、ようやく分かったよ。監督になりたいんだ、とね」

 他チームのトップチームではなく、RマドリードのBチーム(カスティージャ)からスタートした理由もきちんとある。

 「サッカーをプレーし始めた時と同じ状況にあるんだ。学んでいるんだよ。学ぶことが、私には必要なんだ。多くの専門家にどうしてかと尋ねられるけれど、私は誰の声にも耳を貸さない。自分が感じたことをするんだ」(Goal.com)

レアル・コエントランが筋肉を負傷、復帰まで3週間の離脱か
PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R