忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 魔女/悪魔 クチラン

政治そのほか速

LINE詐欺で使われた手口が他の詐欺にも拡大中

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

LINE詐欺で使われた手口が他の詐欺にも拡大中

 LINE詐欺で使われた手口が他の詐欺にも拡大中

 

  LINEで爆発的に広まった「iTunesカードを買ってきてくれ」という詐欺。あれは中国人らしき人物がアカウントを乗っ取って発信されるため、うっかり知人からの頼みだと思って引っかかる人もいたが、次第に「どうやったら面白いネタとして対応できるか」を競うような余裕も生まれ、収束していった。
 
  しかし、その「プリペイドカードを買わせて、その番号を聞き出す」という手法だけ、既存の架空請求などの詐欺集団が継承しているようなケースが頻発している。
 
  国民生活センターによれば、全国の消費生活センターにプリペイドカードを不正に取得しようとする「詐欺業者」とのトラブルが複数寄せられるようになっているという。
 
  主な手口としては、以前からあった詐欺とよく似ている。国民生活センターの報告では
 
 「スマートフォンに有料サイトの料金を請求するメールが届いたので心配になり、メールを送ってきた業者に電話をした。すると業者から『約50万円の未納料金がある。今日中に払わないと裁判にする』と言われて怖くなった。そこで、業者に言われたとおりにコンビニの端末で数千円のプリペイドカードを約70枚、約50万円分買い、番号が分かるようにして業者にファクスしてしまった。支払う必要があったのだろうか。だまされたと思う。返金してほしい」(受付年月:2015年1月 契約当事者:20歳代、男性、無職、北海道)
 
 「パソコンで無料のアダルト動画サイトの画像をクリックし、年齢を入力してクリックした。すると突然『入会完了』と10万円の料金を請求する画面が出た。サイトへ『入会するつもりはなかった』ので電話をしたところ、『本当は16万円のところを10万円にしているので、退会するなら10万円を払ってほしい』と言われた。仕方なく支払うことにして、サイトの指示にしたがってコンビニへ行き、店頭で販売されていた数万円のプリペイドカードを5枚購入した。購入したらサイトへ電話をかけるように言われていたので電話をかけて、プリペイドカードの発行番号を5通り伝えた。支払ってしまった分についてはあきらめるが、今後何か起きないか心配だ」(受付年月:2014年12月 契約当事者:50歳代、男性、給与生活者、千葉県)
 
  といった架空請求風のものから、
 
 「一昨年、友人に紹介されたエステ店で『1年間無料でエステができる話がある』と言われた。『無料でエステを受けるためには40万円の化粧品一式の契約をすることが必要だが、その費用はエステ店が毎月引き落とし日に合わせて口座に入金するので、実質無料』という説明を受け、化粧品一式の契約書にサインをした。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R