忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 魔女/悪魔 クチラン

政治そのほか速

<新生児抱っこ>残る障害「病院は放置したといえない」判決

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

<新生児抱っこ>残る障害「病院は放置したといえない」判決

 <新生児抱っこ>残る障害「病院は放置したといえない」判決

 出産後に抱かせる「カンガルーケア」などで病院が新生児を母親に預け放置したため重度の障害が残ったとして、宮崎県の両親が県内の病院に計約2億1650万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が18日、宮崎地裁であった。末吉幹和裁判長は「病院は必要な介助をしており、放置したとはいえない」と請求を棄却した。両親側は控訴する方針。
 
  判決によると母親は2009年8月20日、帝王切開で女児を出産。約2時間後から病院の産後措置で、母子が一緒にベッドで過ごした。出産から約12時間後、女児が心肺停止状態になっており、「低酸素性虚血性脳症」と診断され自発呼吸ができない状態となった。
 
  末吉裁判長は、看護師が途中で授乳介助をするなどしており、病院側の注意義務違反はないと判断した。
 
  判決後、両親は「とても子供を見られる状態でなく、棄却理由が分からない」と話した。病院側は「主張が認められたことはうれしいが、女児の回復を祈りたい」とコメントした。【菅野蘭】

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R