忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 魔女/悪魔 クチラン

政治そのほか速

手足の壊死招く「人食いバクテリア」過去最多の患者263人

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

手足の壊死招く「人食いバクテリア」過去最多の患者263人

 手足の壊死招く「人食いバクテリア」過去最多の患者263人

 

 突発的に発症し、手足の壊死などを引き起こすことから「人食いバクテリア」と呼ばれる「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」の今年の患者数が、12月中旬までに263人に上り、過去最多となっていることが国立感染症研究所のまとめでわかった。

 

 
 「劇症型溶血性レンサ球菌感染症」は、主に「A群溶血性レンサ球菌」の感染によって起こる病気。高熱やめまい、皮膚の傷口の激痛などの初期症状から数日で急激に悪化し、手足の筋肉の壊死や意識障害、多臓器不全などを引き起こす。

 

 
 一般的に「A群溶血性レンサ球菌」は咽頭炎の原因として知られ、感染してものどや皮膚の症状だけか、全く症状の出ない人もいる。ただ、どういう場合に劇症化するかは詳しくわかっておらず、発症した場合の致死率は30%に上るという。

 

 
 同研究所によると、12月14日までに報告された患者数は、多い順に東京都41人、神奈川県19人、愛知県18人など、全国で計263人。調査を始めた1999年以降、最も多かった2012年(242人)を上回った。

 

 
 予防にはうがいや手洗い、マスクの着用が有効で、同研究所は「激しいのどの痛みなどの症状があれば、早めに医療機関を受診してほしい」と呼びかけている。

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R