忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 魔女/悪魔 クチラン

政治そのほか速

喫煙者包囲網が拡大! ディズニーでは全ての子ども向け映画で喫煙シーンを禁止

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

喫煙者包囲網が拡大! ディズニーでは全ての子ども向け映画で喫煙シーンを禁止

 喫煙者包囲網が拡大! ディズニーでは全ての子ども向け映画で喫煙シーンを禁止

 

  最近、喫煙者にとってさらに肩身が狭くなりそうな報告・発表が相次いでいる――。
 
  3月12日(現地時間)、ウォルト・ディズニー・スタジオの会長兼CEOのボブ・アイガー氏は、「ディズニーをはじめ傘下する会社による子ども向け映画では、喫煙シーンを入れることを禁止する」と発表した。
 
  この発言は、サンフランシスコで行われたディズニーの年次株主総会での質疑応答で起きた。具体的な禁止内容は、エイブラハム・リンカーンのように喫煙家として知られている歴史上の人物に関するものでない限り、PG-13指定、もしくはそれ以下の指定がある映画全てが対象になるという。
 
  奇しくも、WHO(世界保健機関)は3月13日、世界全体の喫煙者数について、今後10年間はほとんど変化しないと予測する報告書を発表。報告書によると、WHO加盟諸国は2025年までに、世界全体の喫煙率を2010年の数値から30%削減させる自発的目標に合意した。ただし、現状で目標が達成できそうな国は半数以下だという。
 
  WHOの推計では、世界全体で毎年約600万人が喫煙に関連する原因によって死亡している。そのうち喫煙が直接の原因となっている死者は500万人超。残りは受動喫煙によるものだ。
 
  また、世界に約10億人いる喫煙者の約8割は、低所得国または中所得国で暮らす人々だと指摘。多くの国々で喫煙者は減少しているが、アフリカと地中海沿岸の諸国では増加していると示した。
 
 喫煙が免疫力を低下、新たな疾患リスクも判明
 
  一方、米がん協会の疫学者Brican D. Carter氏らの研究グループよる大規模な追跡調査では、米国では喫煙によって引き起こされる21種類の疾患(12種類のがんを含む)が原因で、年間およそ54万人が亡くなっていることがわかった。
 
 この報告は、約100万人の健康診断データを10年間(2000~2011年)追跡調査によって導き出されたものだ。これまで米厚生省医務総監の発表では48万人とされていたが、喫煙による健康への害はもっと大きいことがわかった。
 
  これまで、喫煙によって肺がんや動脈疾患、心臓発作、脳卒中、慢性的肺疾患が引き起こされることはわかっていた。今回の調査では、喫煙は免疫力を低下させるため感染症のリスクが高くことが新たに判明。また、糖尿病や高血圧、動脈疾患を引き起こし、これらの病気が腎臓疾患へと連鎖。動脈疾患による血流悪化は内蔵疾患の原因にもなる。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R