忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 魔女/悪魔 クチラン

政治そのほか速

なぜ森高千里は「美魔女」と呼ばれないのか? 「オバさんへの嫌悪感」の有無に大きな違い

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

なぜ森高千里は「美魔女」と呼ばれないのか? 「オバさんへの嫌悪感」の有無に大きな違い

 なぜ森高千里は「美魔女」と呼ばれないのか? 「オバさんへの嫌悪感」の有無に大きな違い

 なぜ森高千里は「美魔女」と呼ばれないのか? 「オバさんへの嫌悪感」の有無に大きな違い
 
 

 女性が30代も半ばを迎えると、気になってくるのが今後の自分の女としての立ち位置。自然のままに任せるとどうしたってオバさん寄りに近づいていってしまうわけで、それに気付いた時にどうするかによって、その後の「オンナ現役感」が左右される。

 

 しかしこの現役感を維持しようと外見磨きがいきすぎると、それは「美魔女」となって世間からバッシングを受けることとなる。4月13日に放送された「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)でも、出演者VS美魔女らの激しいトークバトルが繰り広げられた。特に毒を吐いていた出演者が、小藪千豊とミッツ・マングローブだった。

 

 ■ミッツも強烈批判「若作りの根底にあるのは痛々しさ」

 

 「いい年こいた美魔女をチヤホヤする国に未来はない」との考えを持つ小藪は「美魔女が跋扈(ばっこ)すると若い子も美ばかりを追い求める」と危惧し、自分磨きより子育てに必死な主婦らを賛美すべきだと批判していた。これに対し美魔女らは、こう反論していた。

 

 「女性に生まれたからにはいつまでもキレイにいたい」
 「人に迷惑をかけていない。自己満足なんですよ」

 

 さらに強烈な批判をしていたのがミッツで、美魔女らを目の前にしながら、「若作りの根底にあるのは痛々しさ。若作りとか厚化粧を『美魔女』ってことで正当化している」、美魔女コンテストに関しても「けっこう熟してらっしゃるから、みずみずしさがない。タイのニューハーフショーに見えた」と鋭い目つきで言い放った。怖い。

 

 美を追求する美魔女らだが、ビートたけしは「毎日一緒にいる美人のカミさんより、たまに会うブスの方がいいぜ」と持論を展開。正直な「生物としての」男の意見である。すかさず「そんなこと言うからクラブに行ったらブスばかり集まるんだよ」と大竹まことが突っ込むと、スタジオに笑いが起きた。しかし次の瞬間、

 

 「そういう会話の方が追い詰めますよ。そうやって『ブス』っていうワードで笑いになっているのをみると、女の人は『美人』って言われる側にいかなきゃって」

 

 と小島慶子が怒っていた。しなやかでないなぁ。

 

 ■盛り過ぎない森高。美魔女の必死さと対照的

 

 ところで、最近でいうと森高千里は「美魔女」とはあまり言われない。おそらくそれは彼女が盛り過ぎていないからである。頑張っている感がなく、メイクにしたってファッションにしたってナチュラルなのだ。だから批判的な目で見られない。

 

 23歳の若さで「私がオバさんになっても」という歌をヒットさせた彼女は、最盛期ですでに「自分が若さでチヤホヤされなくなる」といい行く末を見通している。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R