忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 魔女/悪魔 クチラン

政治そのほか速

「女性は男性より優れている」米国人類学者の主張に賛否

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

「女性は男性より優れている」米国人類学者の主張に賛否

 「女性は男性より優れている」米国人類学者の主張に賛否

 

  3月上旬、以下のような主張が米大手紙『ウォール・ストリート・ジャーナル』電子版に掲載された。

 「女性は将来的に重視される多くの点で男性より優れている」

 「女性が統治者になれば戦争の可能性が低下する」

 「セックススキャンダルや汚職、暴力は全て圧倒的に男性的なもの」

 女性の統治者がより良い世界作る―戦争の可能性は低下=米人類学者|WSJ日本版

  筆者はアトランタのエモリー大学に在籍する人類学者のメルビン・コナー教授。2016年大統領選にヒラリー・クリントン氏ら有力女性候補の出馬が確実視され、初の女性大統領が誕生する期待が高まったことを受けてのものだ。だが、あまりに女性賛美に満ち満ちた内容だったため、日本でも賛否両論が巻き起こっている。

女は遺伝子レベルで男よりも優れている?

  同記事では、女性が男性よりも優れているのは「染色体、遺伝子、ホルモン、脳の回路の問題」とし、女性は性的衝動や暴力性につながるテストステロン(男性ホルモンの一種)が少ないため、好戦的になることがないという。「あらゆる戦争は男性的」だとし、それゆえに女性が指導者になれば戦争の可能性が低下するという理論だ。

  だが、フォークランド紛争を指揮したマーガレット・サッチャー(英元首相)や第三次インド・パキスタン戦争を引き起こしたインディラ・ガンジー(印元首相)、ミュンヘン五輪事件の武力報復を指示したゴルダ・メイア(イスラエル元首相)ら、好戦的だった女性指導者も少なからず存在する。

  これについて同教授は「この3人の女性はその地位に上り詰める間に男性化していた」と指摘。つまりは「みなし男性」であるとし、それとは異なる「男性のマネをする必要がなくなった女性たち」が指導者になれば戦争はおろか、セックススキャンダルや汚職も減っていくだろうと推測している。

  これらについてネット上では共感コメントが多少あるものの、大半は以下のような疑問の声となっている。

 「これは女尊男卑の考え方」
 「男でも女でも権力を持てばやることは同じでしょ」
 「女性統治者の例が少ないからデータとして無意味」
 「ヒトラーが信奉してた優生学と同レベルに科学的根拠なし」
 「女性政治家でもスキャンダルや汚職はあるよ」
 「北条政子や則天武后とか、女帝でも好戦的な人は多いよ」

  また、ネット掲示板では「女の私から言わせてもらえば、表立った戦争にはならんとおもうよ。裏でネチネチ責める感じかな。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R