忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 魔女/悪魔 クチラン

政治そのほか速

音楽配信の新しいカタチ、スマホで「月額聴き放題」サブスクリプション

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

音楽配信の新しいカタチ、スマホで「月額聴き放題」サブスクリプション

クレジットカードランキングのクチコミ・評判情報:

音楽配信の新しいカタチ、スマホで「月額聴き放題」サブスクリプション 新たな音楽の楽しみ方として注目されている「サブスクリプション」。
 いわゆる「月額聴き放題」スタイルだ。
 
 音楽CDや音楽配信データを個別に買うのではない。
 音楽を聞く環境に対して毎月お金を払う感覚。
 体験してみると、こちらのほうが自然だ。
 
 いままでの音楽の楽しみ方は、それぞれの曲を買うという方法だった。
 「テレビやラジオ、ネットなどで無料で聞いて、気に入れば改めてレコードを購入する」
 といった流れ。
 レコードがCDになり、CDがネット上で購入する音楽データになった。
 モノは変わった。
 だが、「それぞれの曲を、いちいち購入して聴く」という仕組みは同じだ。
 
 楽曲を個別に購入する方法では、
 「こういったタイプの曲をいろいろ聞きたい」とか、
 「ちょっと気に入った曲を正式にもう1回聞こう」とか、
 「ざっくりとこのジャンルの曲を流しっぱなしにしておきたい」とか、
 そういった要望には答えてくれない。
 おこづかいも有限なので、気に入った曲だけを吟味して手に入れるということになりがち。
 がんばってモノを買う喜びはあったが、音楽にアクセスするハードルは意外と高かった。
 
 それを根本から変えるのが、音楽におけるサブスクリプションサービスだ。
 仕組みそのものが変化する。
 個々の楽曲のライツ(権利)をいちいち購入するのではなくて、
 音楽が流れる環境にアクセスするためにお金を支払うことになる。
 
 海外では数年前から、音楽のサブスクリプションサービスが存在感を大きくしてきた。
 スウェーデン、フランス、台湾、インドでも、新しいサービスが出現している。
 音楽だけではない。
 Photoshopやillustratorなどで有名なAdobe社も、月額使用料でソフトが使えるソフトウェアサブスクリプションをはじめた。
 電子書籍では、Amazon.comが月額9.99ドルで電子書籍とオーディオブックが読み放題の「Kindle Unlimited」をスタート。OysterとScribdという電子書籍サブスクリプションサービスもある。
 日本では、NTTドコモの「dマガジン」が大ヒット。月額400円(税別)の電子雑誌読み放題サービスだ。スタートして約半年で会員数100万人を突破した。
 「Hulu」と「dビデオ」は、映像サブスクリプションサービス。月額で映画・アニメ・ドラマなどが見放題。
 コスメのサンプルが毎月送られてくる「GLOSSYBOX」(海外では「Birchbox」が急成長した)。…半年に一度、非常食を届ける「yamory」。
 など、いろいろなジャンルでサブスクリプションサービスが人気なのだ。
 
 
 音楽サブスクリプションサービスは、日本ではどうか?
 本格上陸は、まだだ。
 と、思っている人も多いだろう。
 ぼくも、そうだった。
 でも、あります。日本にはUSENがあった。
 USENって、お店とかホテルで流れているアレ?
 そうあのUSENが、実は個人向けサービスをやっているのだ。
 
 しかも、スマホで気軽に。
 「スマホでUSEN」というサービス。
 嬉しいのが月額490円(税別)。安い。
 
 考えてみればUSENは、音楽サブスクリプションサービスの老舗だ。
 だから、インターフェイスや、チャンネル数、楽曲の豊富さが、しっかりしている。
 調べてみると、「スマホでUSEN」スタートは2013年12月3日。
 このとき、すでにチャンネル数が550もあるのは、やはりそれまでやってきた資産と経験があるからだろう。
 550でも、すごい数だが、毎月増えている。
 2014年11月時点でとうとう1000を超えて1050チャンネルだ。
 これだけチャンネルがあると、もうありとあらゆる状況に対応できる。
 「渋谷系サウンド」「J-HIPHOP」「ボーカロイド・ミュージック」
 「最速J-POP」「BEST OF 2014~J-POP」「カラオケ鉄板ソング」
 「ビートルズ・カヴァー」「billboardチャート」
 「英語基本単語200」「日常会話ネイティブ表現」
 といったものから、
 「受験生に贈る応援ソング」「バレンタイン・セレクション」「グラミー特集」
 といった今の気分にピッタリのチャンネルや
 1980年からの年代別のJ-POPのチャンネル、
 さらに
 「ジンバブエの親指ピアノ」「朗読 太宰治」「アラビア語基本単語2000」「盆踊り」「ギターで演歌」「古楽器演奏」「和楽器NOW」「カエルの声」「電車の音」
 などなど。
 あまりにも想像がつかないのでついつい聞いてみてしまうチャンネルもたくさんある。
 
 個人利用に特化した「スマホでUSEN」。
 総合加入累計が、2014年9月1日から11月末の3ヶ月で153%増。
 注目を集めてきている。
 
 音楽が流れている快適な場で過ごしたい。新しい音楽と出会いたい。好きなジャンルを深めたい。いろいろな音楽を聞きたい。
 そういった人にはぴったりの仕組み。
 音楽を聞く体験がガラっと変わるのが実感できるだろう。
 3日間無料体験もできる。無料体験は、めんどうな手続きがないのもいい。
 音楽を楽しむ新しい選択肢のひとつとして「スマホでUSEN」オススメ。
 (米光一成)



関連トピックス
もうウンザリ! 失敗をすべて他人のせいにする彼氏との結婚はアリか
「ぽちゃぽちゃしてる」筧美和子、石橋貴明から二の腕を触られまくるも終始笑顔
PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R