忍者ブログ

コスプレ ハロウィン 魔女/悪魔 クチラン

政治そのほか速

学生らによる「就活ミュージカル」が本番直前 オリジナル脚本で「多様な生き方」を肯定

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

学生らによる「就活ミュージカル」が本番直前 オリジナル脚本で「多様な生き方」を肯定

 学生らによる「就活ミュージカル」が本番直前 オリジナル脚本で「多様な生き方」を肯定

 学生らによる「就活ミュージカル」が本番直前 オリジナル脚本で「多様な生き方」を肯定
 

 学生と若手社会人らが共同で舞台を作り上げる「就活ミュージカル!!」が着々と進行中だ。東京・池袋の東京芸術劇場シアターウエストで3月18日から22日に行われる公演を前に、現在最終段階に入っている。

 

 同プロジェクトはプロデューサーを務める会社員の関峻介さん(26)が「就活の問題点を誰もが楽しめるミュージカルで広く知ってもらいたい」と考えて企画。有志団体「就活戦線異状アリ(SSI)」を立ち上げ、その第1弾プロジェクトとして動いてきた。

 

 約60人が参加し、3チームに分かれてトリプルキャストで演じる。舞台未経験者が半数以上だ。昨年夏から歌やダンス、演技のレッスンを行い、3回のオーディションを経て、12月に配役が決定した。

 

 ■「リズムが取れてないよ!」と指導が入る

 
 

 キャリコネニュースは、本番を翌週に控えた3月中旬にリハーサルの様子を取材した。3月に入ってからは東京・錦糸町のスタジオを借りて、連日朝10時から夜10時まで最後の稽古を行っている。

 

 参加者のほとんどが学生、社会人で全員揃うことはなかなかないため、不在の人の役は他チームのキャストが代わりに演じる。この日は、プロのアドバイスを受けながら30人ほどで舞台のワンシーンを繰り返し練習していた。

 

 「三連のリズムが取れてないよ! 自分で意識しないと直らないよ!」

 

 演出家から厳しい声が飛ぶ。序盤、就活生のカップルが二人で歌うシーンだ。未経験者にとって、歌はやはり苦労するポイントのようで、参加者からも「練習ではできていて、みんなの前に立つと全然ダメだったりで難しい」という声が出る。

 

 ただ参加者は、できないことも楽しんでいる様子だ。就活生役を演じる大学3年の男子学生は「こんなに感情を出して表現することは初めてだから新鮮」と語る。社会人の参加者も「音がうまく取れなくて自分の歌はカットされてしまったけど、ミュージカルを自分たちでやるというのはなかなかできない経験」と満足気だ。

 

 ■彼氏にイライラしたエピソードも脚本に

 学生らによる「就活ミュージカル」が本番直前 オリジナル脚本で「多様な生き方」を肯定
 

 今回のミュージカルは多様な登場人物の視点から就活を描いた群像劇だ。脚本は入念にリサーチした内容を盛り込んで作り上げた。

 

 何十社受けても受からない現実、せっかく入社しても3年で退職する若者、そして就活うつの問題も脚本に取り入れられている。

 

 参加者自身の体験も、脚本に反映されている。学生カップルが就活によってギクシャクするというエピソードには、参加者の女子大生の経験が加味されている。…

PR

コメント

プロフィール

HN:
政治そのほか速
性別:
非公開

P R